ひまわり2 太陽

昔は近在の人々の花見で賑わい、根のはったふじの幹は、地震の時、住民の集結場所であった。
又、この地は茶屋街道ともいわれる東海道の往還にあるので人馬の休憩場所でもあった。

<すし清> 佐々木家の藤

安政3(1856)年茶店として創業。美しい藤棚が人気の料理旅館。
樹齢約250年の見事な藤は、現在も尚、人々の心を和ませ、一般公開に
供するとともにホームページでは「藤だより」としても提供している。

安永の榎

すし清の入り口に榎の巨木が枝を空高く広げている。
幹周3.5m、樹高25m、枝張20mもあり、「桑名宿の巨木」と言えよう。
又、昔の一里塚の榎であるという説もある。
実際の一里塚は朝日町の縄生にあったとされている。

<玉喜亭> 伊藤家の藤

創業以来200有余年、樹齢約250年の藤は、
旅人の心を和ませてきており、別名「藤の里」を名乗ってきた。
又、安永餅を名物に茶屋で売られ、人気を擁した。
近年、休館しているが、母屋は「安永もちの郷博物館」として整備され、
かまど、木戸、藤棚などが往時のまま、「安永もち」の看板とともに保存されている。