笠井美代子さん インタビュー

趣味:オカリナ演奏
特技:特になし



Q. 「わかば会」立ち上げのきっかけは?

 今から13年前。当時、子育ては自分(母)がするものだ、という考え方でしたけれど、地域みんなで子育てをする、という概念が行政側から入ってきた頃に、私が民生・児童委員のポジションに就いたことがきっかけになったと思います。


Q. 「わかば会」のあゆみを教えてください

 最初は公立幼稚園の園開放日のお手伝いからスタートしました。校長先生や民生委員さん立ち会いの下、園の中で子どもたちと関わってきました。だけど、各地域にあった公立幼稚園は統廃合されたりして、私たちは活動場所を追われました。子どもたちが安心して自由に遊べる場所も次第に少なくなってきたので、やはりなんとしてもこの活動をつなげようと、現在の城南まちづくり拠点施設(旧:城南地区市民センター)の2Fで再スタートすることになりました。その後、活気づいてきた私たちのところへ、他の地域の活動も合流して、外の地域からの参加者も多くなっていきました。


Q. この活動のやりがいは?

 主目的は、ママさんたちを支える、ということですが、支えとなってくれるボランティアさんが個々に輝き、楽しんで続けていってもらえるための工夫をしていくうちに、そのことも外せない大切な目的へと変わっていきました。子育て世代とシニア世代の交流も生まれ、みなさんがイキイキとここに関わって下さる場になっていることが、やっていてよかったと思える理由の一つです。


Q. 地域の方へ向けてのメッセージをお願いします

 新たなボランティアさんの加入がもっと増えていけば、その方たちを通じて、大人たちのつながりは無限に拡がりつながっていきます。みんなで子育てができます。現在はまだ、あまりできていない土日の遊び場も、充実していけると思います。ぜひ気軽に楽しく関わっていただけますように、みなさまからのご参加をお待ちしております。