丹羽孝至所長 インタビュー

趣味:旅行(林道・秘湯めぐり。現在はペットと旅行。) 
特技:スポーツ。城南に来てからは、卓球が…。


Q. 城南まちづくり拠点施設に来た経緯は?

 城南地区市民センターの時代には、年に二回程来たことはありましたが、未知というのが本音。ナゼここ?冗談?(城南?笑)
市長の前で…。突然のことで驚きました。


Q. 城南地区の印象は?

 まちづくり協議会をはじめ、各種団体さんが、他の地区以上に活発に頑張ってみえることに、まず驚かされました。
人・地形・風土的には、私の住んでいるところとあまり変わらない(特に23号線から東側)と思いましたが、意外とお寺が少なく、またスーパーなどへの買い物には車がないと不便―とも感じました。(但し、車さえあれば、アクセスポイントや店舗など周辺にはたくさんあり、大変便利なところだと言えます。)
また、広報配布時に、大変狭い道幅のところに多くの住宅が立ち並ぶ場所もあり、災害(家事や風水害)の時に心配だとも感じました。


Q.城南に対する思いは?

 昔からの名残で、住民のからは「困りごとはここへ頼めばなんとかしてくれるだろう」と頼られていることは感じるが、今は市役所の担当へつなぐだけの中継点でしかなく、また、拠点施設には予算(お金)もないわけです。そういった中、自分たちのことは自分たちで考え、自分たちで対処することを目的としているまちづくりの先進地である城南で働かせていただき、大変ありがたく思うとともに、非常にやりがいを持てています。
城南まちづくり協議会の活動の認知度も、まだまだ高いわけではなく、活動への参加者や、ボランティアの方も少ないのが現状です。もっと多くの方に知っていただき、関係を持っていただくこと、つながりを深めていただくこと、真の住民自治の実現が、わたしの目標です。